沢山のメリットがあるボトックス注射【副作用のリスクあり】

ボトックス注射は便利

カウンセリング

ボトックス注射の活用方法

美容外科でも人気が高い治療法の一つにボトックス注射が挙げられます。ボトックス注射はボツリヌス菌から抽出されて作られた薬剤を使って筋肉の働きを抑制する治療法ですが、活用方法が多くあり、短時間で受けられることやダウンタイムがほとんど無いことが魅力になっています。例えば、ボトックス注射は表情じわの改善に効果的です。表情じわは目尻や眉間、額などに出るしわですが、これがあると老けて見えたり気難しく見えたりしてしまうため、無くしたいと思っている人は多いことでしょう。ボトックス注射を表情じわが出ている部分に打つと、筋肉が過剰に収縮することを抑えてくれるのでしわが寄らなくなる効果が期待出来ます。また、今出ている表情じわを改善するだけで無く、将来出てきそうなしわも予防出来るというメリットもある治療法です。その他に美容外科でボトックス注射を受けると解決出来る悩みには、筋肉がつきすぎて太くなっている脚を細く出来るということがあります。いわゆる、ししゃも脚と呼ばれるタイプの脚は筋肉が発達してしまいふくらはぎの部分が太く見えてしまっている状態です。筋肉質な脚を痩せさせるには通常のダイエットなどでは難しい場合が多いため、ボトックス注射によって筋肉を細くしてすっきりとした美脚を目指すと良いでしょう。なお、この方法で脚を痩せさせても歩いたりするのに支障は出ないので、脚の太さに悩んでいる人は美容外科で利用について相談してみましょう。それから、軽度のワキガの人やワキ汗が多いことに悩んでいる人もボトックス注射の利用を考えるのがおすすめです。ワキの下にはエクリン腺とアポクリン腺という汗腺がありますが、ボトックス注射を打つとこれらの汗腺の活動を弱められるため汗の量が減り、汗に含まれる成分を皮膚の常在菌が分解することで出ていた嫌なニオイも軽減することが期待出来ます。この治療法は効果がずっと続くものでは無く、半年ほどすると効果が切れてしまうというデメリットがありますが、特に汗やニオイが気になる夏にこの治療を受けておくといった使い方をすると、快適に過ごせるので良いでしょう。これら以外にもまだボトックス注射には活用方法があり、顔の輪郭部分にある咬筋の発達を弱めるのに利用することでエラが張っていた顔を小顔にすることも可能です。しわを無くしたい人や、顔が大きく見えるのを改善したい人などはこの治療法が適しているなら短時間の施術で効果を得られる点が便利なので、美容外科で医師に相談し、利用を検討してみてはどうでしょうか。

Back to Top