沢山のメリットがあるボトックス注射【副作用のリスクあり】

ボトックス注射の作用

鏡を見る人

薬剤を注射器で投与するだけ

ボトックス注射による施術は、ボツリヌス菌から精製した薬剤を注射器を使い幹部に注入するなど、簡易的な方法で行えるからも注目が集まっています。顔が大きく見えてしまうなどのコンプレックスを抱えている人など、小顔のプチ整形術の一つでもあるボトックス注射が有効です。注入する量などに応じて小顔を作り出す事が出来る魅力があります。痩身効果も持つため、ふくらはぎへの注入も効果的ですし、顔に出来る笑いジワやほうれい線などの除去にも効果を期待する事が出来ます。これらはいずれも美容皮膚科などの美容施術で行われているもので、施術における費用は健康保険が適用しませんので全額自己負担になります。眼瞼痙攣や片側顔面痙攣などの症状を持つ患者さんの治療にもボトックス注射が利用されるケースがありますが、病気の種類によっては健康保険が適用されるケースもあります。ちなみに、健康保険が適用されるか否かは病院がその治療に対して有効であると決めた場合で、発汗異常などの場合も病院によっては健康保険が適用するケースもあるため、事前に保険の適用について確認しておくと安心です。ボトックス注射は注射器で薬剤を投与するだけで様々な症状を緩和してくれる魅力を持ちますが、一度注入した薬剤は時間の経過と共に効果は半減してしまいます。一般的には3か月から半年程度の効果と言われており、効果がなくなると注射を行う前と同じような症状に戻ります。継続的にボトックス注射を受けたい、症状を抑えたいケースも多いかと思われますが、決して安い薬剤ではないため、治療などで利用する場合には、費用を抑える意味においても健康保険が適用する病院での施術がお勧めです。ワキガや多汗症の改善にもボトックス注射が有効と言われていますが、多汗症の場合には発汗異常と言った診断が下されるケースがあります。この場合は健康保険が適用されるケースが多いため、汗による悩みを持つ人などは保険治療でボトックス注射を利用出来る可能性が高くなります。ワキガの場合は発汗異常だけではなく皮膚の常在菌による症状などからも、保険が適用されないケースが多くあります。また、ワキガの症状レベルに応じてボトックス注射では十分な効果を得られないケースもあります。この場合は外科手術を受けるなどで完治する可能性もある事からも専門医への相談を行う、専門医が重度のワキガの症状などの診断を下した場合、保険治療での手術を受ける事が出来ます。軽度のワキガなどの場合であればボトックス注射は有効と言われています。

Back to Top